学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 果樹温室では

<<   作成日時 : 2018/10/08 06:59   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

只今、果樹温室ではゴレンシ(Averrhoa carambola)が豊作でビッシリと結実し、熟した果実が毎日いくつも落ちているという状況。味を見るなら1個もあれば十分なので勿体ない話だ。東南アジア原産でカタバミ科。2株あるシロサポーテ(Casimiroa eduris)もぼつぼつ熟して落果しているようだが、落ちるとべちゃっと潰れてしまうので、味見もままならない。本種は熟しても緑色のままなので、収穫のタイミングが難しいのだ。ミカン科で中米原産。紫葉のグワバ(Psidium guajava)も淡い桃紫色の果実が沢山なっていて観賞用には最高だ。よくお客様からも見えるはずだ。フトモモ科で中南米原産。大きな実が2個ぶら下がっているパラミツ(Artocarpus heterophyllus)もそろそろ収穫期か。今年は2年振りに皆で試食ができそうだ。これはクワ科で東南アジア原産。最後は小さい実がいくとも留まり始めたカカオ(Theobroma cacao)。今年は順調そうで楽しみな話だアオイ科でアマゾン原産。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果樹温室では 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる