冬の足音

分園入り口でマツバギクの1種「紫宝」(Lampranthus zeyheri)が咲き始めると、もう冬がそこまできているなという気持ちになる。本種が冬の石垣を飾る最も目を引く植物だからで、私もマツバギクの中では一番好きだ。とにかく、目に眩しい金属光沢のある赤紫の花は目立つなんてもんじゃない。これを見るだけで伊豆に住む価値がある。それ位私は本種を評価している。ハマミズナ科で南アフリカ原産。屋上下ではカンツバキ(Camellia hiemalis)が満開になっている。キンモクセイが終わると本種が咲き始め、ツバキの季節の到来を告げる。ツバキ科で日本原産だ。中庭ではレモンマリーゴールドことタゲテス・レモニー(Tagetes lemonii)が満開になった。これも晩秋の定番で、春から2回切り戻して、ようやくこの大きさで咲かせたものだ。それでも背丈程ある。メキシコでは日本の彼岸に当たる死者の日にマリーゴールドを飾る習慣があるそうで、この時期バスにマリーゴールドの匂いが充満していたのを思い出す。次も鮮やかさをましたパイナップルセージことサルビア・エレガンス(Salvia elegans)。この時期の定番だ。キク科とシソ科でメキシコ原産。秋と言えばムラサキシキブも忘れてはならない。園内にはコムラサキ(Callicarpa dichotoma)の紫と白が並んで植えてあって、アップで見ると素敵な色合いだ。これはクマツヅラ科で日本原産。秋の花、ハギも咲いているが、これは中国から持ってきた雲南ハギ(Campylotropis polyantha)、とても可愛らしい花で素敵だ。勿論マメ科だ。最後は秋の定番キクだ。今年から3本仕立ては止して,小輪がメインだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック