学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 小夏日和だとか

<<   作成日時 : 2018/12/06 18:48   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

ここ数日の暑さを、今朝の新聞に、小春日和ではなく小夏日和と書いたマンガあったが、うまく言ったものだ。こんな時本領を発揮するのがマツバギクの紫宝(Lamplanthus zeyheri)だ。昨日も日射しを浴びて花がきらきらと輝き美しいこと。今年何回目かの紹介になるが、奇麗なものは奇麗だ。研究室の入口ではマッソニア・のピグマエアタイプ(Massonia pygmaea)が咲いてきた。本物のピグマエアはとうに咲き終わっているが、これはかつて園芸ニュースレターで紹介され、当園の株は友の会員のUさんにいただいたものだ。ところが、ここに来て顔が変わってしまって不思議に思っている。どうも本物のピグマエアと交雑してしまい、私が知らずに実生更新したということらしい。オリジナルの株は株分けで良く殖え、各所に分譲したのだが、当園では絶えてしまったようだ。今咲いているのは葉が尖っていてピグマエアそのものの形だが、花期と花の形はUさんの系統そのものなのだ。大体、この2系統が同時に咲いたことがあったかな、と記憶を探ってみるが、今となっては確かめようがない。上記2種は南アフリカ原産。マツバギクはハマミズナ科。マッソニアはキジカクシ科だ。次の果実は先だって咲いていたヘディキウムのゴメシアヌム(Hedychium gomezianum)で、よく結実してはじけた所だ。これはこれで観賞価値があり、面白いと思う。ショウガ科でインド原産。最後はティランジアコーナーに置いて有るエンコリリウム・エスピー・バウ(Encholirium sp.Vau)だ。丁度、本種に関してブロメリア協会のYさんとやり取りしているので撮ったものだ。もう1株しか残っていない貴重品なので、花よ咲いてくれるなというところ。もう1株あったのだが、大分前に開花し、枯れてしまったのだ。パイナップル科でブラジルのディアマンmンティナ産。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小夏日和だとか 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる