ツバキもぼちぼち

わが家の庭のツバキ、気がついたら春咲きの赤一重の紺屋小町(Camellia japonica 'Koya-Komachi')やヒメサザンカ交配のセンティッド・ジェム(Camellia hybrid 'Scented Gem')が咲いていた。紺屋小町は名古屋ツバ協会会長M氏が赤のベスト品種として紹介していたので、植えたものだ。露地植えだと、鉢植えでハウスで咲かせた鮮明な赤にはならず、ちょっと物足りない。後者はカリフォルニアの堂本統一氏の作出したヒメサザンカと卜伴の交配種で、ピンク小輪で白い唐子になるのが本来の姿。ヌッチオ農園が販売したのだが、日本の庭植えでは枝が荒れ、花着きも悪く、しかも唐子に咲き難いという欠点だらけ。ということで植えたまま殆ど忘れたような存在だったが、今回ピンクの花が見えたので撮ってみた。でも唐子にはなっていなかった。次はハルサザンカの汐風(C.vernalis 'Shiokaze')と六歌仙(C.vernalis 'Rokkasen')だ。汐風は背が低くコンパクトに育って、ちょうど久留米ツツジの植え込みみたいな姿になる。花も久留米ツツジみたいだ。次は六歌仙で、丁度花数が多く、色んな模様が咲いていたので紹介する。白っぽい花から赤のベタ斑、紅白の色分けなど様々で、これだけ見るのも楽しい。最後はその横で咲いているソシンロウバイ(Chimonanthus praecox var.concolor)。背が高くなってどうしても逆光気味になるので、鮮明な黄色が出ず残念だ。今年は花が多くて素敵だが、枯葉がまだ残っていて、絵としては面白くない。ロウバイ科で中国原産。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック