クンシランとラケナリア

分園パパイヤ温室に飾ったクンシラン(Clivia miniata)が見頃を迎えた。以前は黄花ばっかりだったが、今は少し基本色のオレンジも混ぜてカラフルに飾っている。長年作り込んでいるので、どれも大きな群生株になっていて見事なものだ。花はまだ次々と上がって来るようだから、次は入口に飾ろうかなんて話になっている。兎に角賑やかになってくれるなら有り難い事だ。入口正面に飾ったラケナリア・アロイデスの変種クアドリカラー(Lachenalia aloides var.quadricolor)もまた鉢数が殖えて贅沢なこと。来年は小鉢で作って売り物にしようなんて言っているが、これだけ殖えると、相当売り物を作っても減らないだろう。まあ、有り難いことだ。クンシランはヒガンバナ科、ラケナリアはツルボラン科で共に南アフリカ原産。私は私で、今バンクシア・セラータ(Banksia serrata)の果実を商品にすべく、せっせと工作し、ラベルなども作っている。以前も販売して好評だったので、今回は力が入っている。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック