ジェードバインなどツル3題

本園の6号温室でジェードバイン(Strongylodon macrobotrys)が見頃を迎えた。昨年より1週間位遅い報道公開だが、まあ平年並みということか。いつ見てもこの青さには感激する。当園が1975年に日本で初めて開花させてから44年目の春、相変わらず園の看板植物で有り続けることは、この植物が如何にエキゾチックで美しい花かということを証明している。今年もこれから5月の連休明けまで咲き続けてくれるだろう。フィリピン原産でマメ科の大型ツル植物だ。その近くではノウゼンカズラ科の珍ツル植物、ニューギニア原産のテコマンテ・ヒリー(Tecomanthe hilii)が見頃だ。昔はベヌスタと同定していたが、正しくはヒリーということだ。この6号温室、分園のパパイヤ温室にはもう1種のテコマンテ・デンドロフィラ(T.dendrophila)が植えて有って、これも見頃を迎えていて、本来ならどれも報道ネタとして十分通用するのだが、3種を同時に紹介しても、報道に流してくれるのは1つだけなので、いつもジェードバインだけが脚光を浴びている。最後は分園のフェンス沿いで咲いているタテマツザクラだ。東京のソメイヨシノと同じ頃咲いてきたが、こちらのソメイヨシノはまだ大部先だ。立松桜は通称で正しくはタマヒザクラ、(カンヒザクラx オオシマザクラ)x コヒガンザクラという交配だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック