早くも八重桜の季節

春の花の多い時期に3日も留守にしたため、園内の花も一気に咲き進んでしまった。今日は緑の桜から。分園入り口の御衣黄(Prunus lannesiana'Gyoiko')がもう満開だ。またガレージ裏の須磨の浦普賢象(P.lannesiana'Sumanoura-Fugenzo')も大分咲き進んできた。最初の3枚が御衣黄、次の3枚が須磨の浦普賢象だ。駐車場土手のヒラドツツジ曙(Rhododendron mucronatum'Akebono')も見頃だ。年々花期が早くなり、連休前には終わってしまうだろう。バナナ温室へ登る階段横のクルメツツジ麒麟(R.'Kirin')や紅霧島(R.'Beni-Kirishima')ももう盛りを過ぎてしまいそうだ。バナナ温室裏のシャクナゲも今が見頃、最初がノースゲイ(R.hybrid'Nosegay')、次が太陽(R.hjybrid 'Taiyo')だ。中庭、パパイヤ温室横ではハゴロモジャスミン(Jasminum polyanthum)が満開になり、強い香りを放っている。モクセイ科で中国原産。その横のカロライナジャスミン(Gelsemium sempervirens)も見頃。これはマチン科で北米原産。またその横では中国原産、ウマノスズクサ科のアリストロキア・ウエストランディー(Aristolochia westlandii)が見頃を迎えている。最後は広島で見て来たばかりのコバノミツバツツジ(R.reticulatum)だろう。これも満開だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック