ディソカクタス・アマゾニクスの春到来

アンスリウムベッドの上に吊ってあるパナマ原産のディソカクタス・アマゾニクス(Disocactus amazonicus:Pseudorhipsalis amazonica)が花期を迎えた。年に4回も5回も咲く植物だけに、飾る側としてはとても有り難い。今は黄花クンシラン(Clivia miniata 'Aurea')も満開だし、デンドロビウムのキンギアナム(Dendrobium kingianun)も見事なので、アンスが少し寂しくても大丈夫。とにかく華やかだ。DSCN0133.jpgDSCN0130.jpgDSCN0135.jpgDSCN0137.jpgこの温室を出てマーガレットの咲く階段を登って芝生の所に行くと、スイセンのピンクチャーム(Narcissus 'Pink Charm')が一気に咲き出した。芝生に沿って回って行くと、南アフリカ原産、白花のフリージア・ムイリー(Freesia muirii)も咲き始めている。その横ではオーストラリア原産のサンカクバアカシア(Acacia cultriformis)も咲き始めている。昨年の台風で大部やられてしまったが、それでも何本かは残っている。DSCN0141.jpgDSCN0140.jpgDSCN0143.jpgDSCN0146.jpgDSCN0155.jpgDSCN0158.jpgDSCN0154.jpgDSCN0152.jpg鳥舎の前庭ではスイセンのテータティート(N,'Tete-a-Tete')が見頃だ。オドルス(N.odorus)やアイスフォーリス(N.'Ice Fallis')も咲いて、スイセンオンパレードだ。DSCN0170.jpgDSCN0171.jpgDSCN0166.jpgDSCN0174.jpgDSCN0175.jpgDSCN0167.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント