花付きが良いとは

今ロビビア・ハエマタンサ変種のレブチオイデス(Lobivia :Echinopsis haematantha var.rebutioides)が咲いているが、その花付きの良さは半端ではない。ご覧の通り1株で20輪咲いているのだ。花サボテンには余りこだわらない私だが、数年前にも本種が豪華に咲いたので、改めて種を輸入して、別タイプを育てる程魅了された。株は4号鉢植えで、株の大きさは直径6cm、高さ10cm。花の直径は5cmで部屋に持ち込めば3日は咲いている。6、7枚目のもう1株は数日前に咲いており、こちらは普通に5輪程咲いた。それでも十分奇麗だ。現在この色と白花と2タイプあるが、これで真紅とか緋色があれば素晴らしいと思うが、高望みだろうか。文献には、黄色、オレンジから赤、バイオレットまであると出ている。アルゼンチン原産。DSCN4361.jpgDSCN4360.jpgDSCN4363.jpgDSCN4367.jpgDSCN4366.jpgDSCN4286.jpgDSCN4287.jpg花付きが良いと言えば青王丸の類も良く咲いている。丁度、美青丸(Notocactus:Parodia ottonis'tenuispina')、青王丸変種(P.ottonis var.)、地久丸(P.erinacea)が咲いていて賑やかだ。原産地はブラジル、パラグアイなど。白い花が見えるが、これはメキシコ原産、大統領(Thelocactus bicolor)の白花だ。DSCN4297.jpgDSCN4301.jpgDSCN4320.jpgDSCN4304.jpg花の美しさで定評のあるメキシコ原産の太平丸(Echinocactus horizonthalonius)も4株咲いていて美事。やはり私は花の綺麗な植物が好きだ。最後の写真にはエビのルービスピヌス(Echinocereus rubispinus)も写っている。DSCN4289.jpgDSCN4292.jpgDSCN4293.jpgDSCN4296.jpgDSCN4311.jpgDSCN4309.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント