銀葉樹枯れる

この不順な雨陽気のお陰で、ついに危惧していた事が起きてしまった。南アフリカの喜望峰に産し、乾燥地性、プロテア科の銀葉樹(Leucadendron argenteum)がこの長雨で根腐れを起こし、枯れてしまったのだ。ようやく2m程まで生育し、これからと言うときに枯れるのはショックだ。当園の4代目銀葉樹はもう1株あるが、そちらの方が元気がなかったので、枯れるならこちらが先と思っていただけに、元気な方から駄目になってガッカリ。銀葉樹の横ではバウヒニア・フォルフィカータた亜種プルイノーサ(Bauhinia forficata ssp.pruinosa)がボチボチ咲いている。これはマメ科でブラジル原産。DSCN6738.jpgDSCN6742.jpgDSCN6739.jpgその横ではサルスベリ(Lagerstroemia indica)も咲き始めた。やはり咲き始めの花は色も鮮やかで奇麗なものだ。ミソハギ科で中国原産。DSCN6743.jpgDSCN6746.jpgDSCN6747.jpg中庭ではリコリス・スプレンゲリー(Lycoris sprengeri)が見頃を迎えた。黄花のショウキラン(L.aurea)も1本だけ咲いている。同じに植えて、前者は無数に殖え、後者は1本だけとは、何とも割り切れない。ショウキランはそんなに難しいのか。ヒガンバナ科で前者は中国、後者は日本、台湾。DSCN6750.jpgDSCN6751.jpgDSCN6758.jpg
昨日の帰り、クリナムにハマオモトヨトウを発見して、被害葉をむしったが、今朝は早速消毒した。1日遅れるとそれだけ被害が拡大するので、消毒は急ぐべきだ。新しく咲いたクリナムとしては地涌金蓮の横で咲く、川越路可さんの猿女君(C.japonica hybrid 'Sarumenokimi')とサマーノクターン(Crinum hybrid 'Summer Nocturn')、原種ではムーレイのピンク(C.moorei 'Pink')が咲いている。ヒガンバナ科で南アフリカ原産。DSCN6754.jpgDSCN6755.jpgDSCN6718.jpgDSCN6716.jpgDSCN6762.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント