キバナシュクシャなど

ボイラー室横の山でキバナシュクシャ(Hedychium gardnerianum)が見頃になった。ゴミ捨て場で育った株なのだが元気一杯、15本ぐらいの群生株で見事。私はヘディキウムでは本種の花が一番見事なので大好きだ。色もいいし姿も良い。ショウガ科でインド、ヒマラヤ原産。DSCN7187.jpgDSCN7189.jpgDSCN7191.jpg香料温室では斑入りのニガショウガ(Zingiber zerumbed ‘Darceyi’)が満開。この斑入りはとても奇麗だし、丈夫だし申し分ない。こちらは熱帯アジア原産。DSCN7193.jpgチャボイランイラン(Cananga odorata var.fruticosa)も継続的に咲いている。決して良い匂いではないが、香料の調合には欠かせない素材だそうで、要は媚薬の原料。バンレイシ科で東南アジア原産。DSCN7194.jpgDSCN7197.jpg売店前の温室ではアカネ科のポートランディア・プラタンタ(Portlamdia platantha)が今年2回目の開花。涼しい時は3日位咲いたが、この暑中では2日目には萎びている。ジャマイカ原産。その次の黄色く成ったビカクシダはプラティセリウム・ワンダエ(Platycerium wandae)の大株だが、根元がこの暑さで蒸れたようで、枯れる寸前だ。先程外して床に降ろしたが、回復は難しいだろう。オシダ科でニューギニア原産。ここ3年程で仕立てた若株なので、それほど残念さはないが、癪に触る。DSCN7177.jpgDSCN7178.jpgDSCN7181.jpg果樹温室沿いではタカサゴユリ(Lilium formosanum)が満開。これだけ数があると萎縮病の株も多発し、今日だけで15本位抜き捨てた。ユリ科でタイワン原産。DSCN7198.jpgDSCN7201.jpgDSCN7202.jpg最後はタイからきたヒオウギ(Iris domestica)。背ばかり高く成って花数は少なく、園芸的には失格。アヤメ科で日本〜東南アジア原産。DSCN7207.jpgDSCN7205.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント