ヘディキウム再び

昨日の台風の中、我が家では階段横に植えたショウガ科のヘディキウムが2度目の満開を迎えた。今年の夏は暑く、雨が多かったので、これらの生育に好適だったのだろう。10月だと言うのに実に奇麗に咲いている。クリーム色は以前も紹介した[金閣」(Hedychium hybrid 'Kinkaku')、オレンジの方は、久し振りの開花でベニバナシュクシャ(H.coccineum)にそっくりだが[紅魁」(H.hybrid 'Beni-Sakigake')の名で購入した品種のはずだ。もう1つ、ピンク花の真珠があるのだが、今年は空振り。黄色を1本切ってリビングに飾ってあるが、特に夜間よく匂って夢のようだ。DSCN8871.jpgDSCN8874.jpgDSCN8878.jpgDSCN8879.jpgヘディキウムの下ではメキシコ原産ツユクサ科の紫御殿(Setcreasea purpurea)が咲いている。雨でピントが合わなかったようだ。DSCN8881.jpgベランダでは2種目の小型コルチカム・モンタヌム(Colchicum montanum)が満開。確かフィリフォリム(C.filiforium)が一番花着きが良いはずだが、それはこれからみたいだ。イヌサフラン科でヨーロッパ原産。DSCN8864.jpgDSCN8866.jpg雨の中でグラジオラス・カルミネウス(Gladiolus carmineus)が満開だが、風であおられ可哀想な状態。アヤメ科で南アフリカ原産。こんな時でもスイレンの紫式部(Nymphaea micrantha hybrid 'Murasaki-Shikibu')は3輪も咲いていた。親のミクランサはムカゴ性でアフリカ原産。DSCN8870.jpgDSCN8868.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント