ピンギクラ・ギガンテア

画像のムシトリスミレはピンギクラ・ギガンテア(Pinguicula gigantea)で株径が30cm以上になる大型種。数年前掛川の友の会員にプレゼントされたものだが、子株が次々と出るので、鉢上げしておくとたちまち大きく成って、今やリプサリス展示の下は本種だらけだ。本当に育ちが良くて驚くのだが、移動しようとすると葉が折れたりして傷み、売り物には出来ないのが欠点だ。今回紹介したのは、3,4枚目の写真、挿し木した小苗の葉にコバエみたいな虫がビッシリ付着して、流石食虫植物という雰囲気丸出しでとても面白いからだ。こんなに虫がいるのかという位ビッシリと付着している。その割に1,2枚目の親株には着いておらず面白い現象だ。タヌキモ科でメキシコ原産。DSCN0033.jpgDSCN0031.jpgDSCN0028.jpgDSCN0029.jpg次は我が家の温室から。やっと咲いた黒牡丹(Ariocarpus kotschoubeyanus)が2輪。以前平尾さんに新築祝いに頂いた実生苗の1つだ。次はチュルビニカルプス・クリンケリアヌス変種のミニムス(Turbinicarpus klinkerianus var.minimus)。これもやはり平尾さんのプレゼント。次はシーズン最後の紅花象牙丸(Coryphantha elephantidens)だが、私の実生株。でも考えてみたら、この親株も平尾さんに頂いたものだ。DSCN0062.jpgDSCN0060.jpgDSCN0063.jpgDSCN0068.jpg次は白マミの白玉兎(Mammillaria geminispina)。昔メキシコに本種の1mもある群生株を採集に行ったものだが、いざ自分で育ててみると、20年かけてもこの大きさだ。案外生育が遅くて意外だった。以上はメキシコ原産。DSCN0069.jpgDSCN0071.jpg最後はブラジル原産、小型柱サボテンのアロハドア・ナナ(Arrojadoa nana)。接ぎ木してあるもので、非常に花着きが良く、私のお気に入りだ。これは友の会の友人にプレゼントされたもの。DSCN0073.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント