カランコエ登場

毎年定番のカランコエの吊り鉢が登場した。マダガスカル原産カランコエ・マンギニーの園芸品種2種で、ハンギングタイプのサンライズ(Kalanchoe manginii 'Sun Rise')とスタンドタイプのミラベラ(K.manginii 'Mirabella')だ。毎年のこととは言え、ローテーションを守り、確実に苗作りをして飾り付けをしてくれる。栽培担当者には頭が下がる。ベンケイソウ科の多肉植物で、寒さには弱いが、ここは屋外でもアクリルのアーケードになっているので大丈夫。DSCN1568.jpgDSCN1566.jpgDSCN1569.jpgDSCN1577.jpgDSCN1579.jpgDSCN1581.jpgテラピアの池の横ではツバキの玉の浦(Camellia japonica 'Tamanoura')が奇麗に咲いていた。園内に10株以上植えてあるが、こんなに奇麗に咲くのも珍しい。九州福江島の産で、野生のヤブツバキから出現した人気品種。ツバキ科。DSCN1576.jpgDSCN1573.jpgDSCN1571.jpg最後は香料温室で咲き始めたユーチャリス・グランディフローラ(Eucharis grandiflora)とモチゴメコウソウ(Semnostachya menglaensis)。ユーチャリスはエクアドル原産の熱帯性球根植物でヒガンバナ科。その香りの良い清楚な花が松田聖子さんの結婚式のブーケに使われたことで話題になった植物。モチゴメコウソウは餅米香草と書き、中国雲南省で米びつにこの茎葉を入れて、米を新米の匂いにさせるのに使うという。今は故人となられたエスニック料理の専門家、吉田よしこさんにいただいた植物。本種は夏場水切れで萎れてくると、新米の匂いが周囲に漂い、なるほどなと納得する。ただし食用には使わないという。キツネノマゴ科で中国雲南省原産。DSCN1584.jpgDSCN1586.jpgDSCN1589.jpgDSCN1588.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント