バナナの新刊本

おわび:昨日のプヤ・チレンシスの記事で、私は日本初の開花例だと思っていたのですが、調べてみたら3年前に淡路の夢舞台温室で開花していたのが判明。これが多分2例目だと思います。こんな大型の植物を喜んで育てているのは私だけだと思っていたのですが、温室の中で育てる余裕のある施設があったんですね。しかも実生15年だそうです。脱帽です。

「バナナの足」研究会の佐藤靖明氏が農文協からご覧の本を出版された。ご自身の8歳になる娘さんをターゲットにした子供向けの啓蒙書として作ったとの事だが、その内容たるや、大学の教科書にしても良いような、情報の宝庫で、私の知らない事も多くてとても勉強になった。勿論、ワニ園の従業員には必読の本だが、一般の方にとっても、バナナを理解するのに、これ以上の本はないと思う。税込みだとほぼ3000円になってしまい、高価なのが唯一問題なのだが、このブログの読者には、是非購入してお読みいただくことをお勧めする。繰り返しますが、とても良い本です。ちなみに巻末に編集協力として私の名前が出ていますが、使われなかった写真を提供しただけで、実際は私は何もしていないのです。私にはとてもこんな立派な本を作れる、情報も知識もありません。誤解なきようにお願いします。img20210206_14163203.jpg
きょうは河津桜(Prunus hybrid 'Kawazu-Zakura')の画像から、私にとっては河津桜の標準木になっている我が家の下のお寺の前に植えてある木だ。丁度20年〜30年位の見頃の木で、河津桜の本領を発揮していて本当に美しい。DSCN2546.jpgDSCN2544.jpgDSCN2542.jpgその下には実がびっしり付いたフウセントウワタ(Gomphocarpus physocarpus)が植わっていて、これも素晴らしい。キョウチクトウ科でアフリカ原産。DSCN2550.jpgDSCN2547.jpg撮りついでにフェンスの上から枝が出ているボケ(Chaenomeles speciosa)、満開でこれも素晴らしい。バラ科で中国原産。DSCN2551.jpgDSCN2554.jpg最後は分園のフェンス沿いで咲いている河津桜。まだ本物が普及する前に導入した、まがい物っぽい河津桜で、やや色が淡い気がする。DSCN2556.jpgDSCN2558.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

川合 慶一
2021年02月22日 18:12
こんばんは。今日久々に多少時間をかけて拝見いたしました。古稀を迎えられたとのこと、おめでとうございます。サボテンの自生地へ出かけられてからもう半世紀近くになるのでしょうか?

昨年暮れ以来あちこちのサイトから遠ざかってしまって空白の時期が長かったので、その間の記事に目を通すのにだいぶ長いことかかりそうですが、また少しずつ読み進めてまいります。

バナナの本、立派なものが出版されたのですね。同じシリーズでパイナップルの本もありました。どんな内容なのか、月末になったら注文して読んでみます。
学芸員
2021年02月22日 19:28
川合さん、ご無沙汰しています。
暮れにお身体でも壊したのですか。当方、身体は大丈夫なんですが、研究室のネットが不安定で、先日は24時間繋がらず、ブログのアップもメールの確認もできませんでした。田舎は困ったものです。


川合 慶一
2021年02月24日 11:18
畏れ入ります。おかげさまでどうやら病気もせずにおりますが、昨年暮れ近くから闇夜の週末晴天に恵まれるたび街明かりの影響の非常に少ない南伊豆まで出かけていろいろな天体の見え方を調べながら、星空入門者の参考になるような記事を少しずつまとめておりました。熱川を通過するのがいつも閉園後と開園前で、夜間ずっと起きて双眼鏡で夜空を眺めているせいで休日の昼間は弱っているのが常でした。子供の学年末試験が終わったらまたあちこち連れて出てやろうと思ったらそうもいかない状況となりましたが、春が近づき夜空の澄んだ季節も終わりに近づいたので、緊急事態宣言が解除されたら今度は昼間プヤの花を間近で眺めに伺うつもりです。
学芸員
2021年02月24日 11:26
川合様、多趣味ですね。
ご病気でないと聞いて安心しました。
それでは御来園をお待ちしています。

川合 慶一
2021年02月25日 17:30
若い頃からずっと天の星、地の花を楽しむということで通してまいりましたので、手一杯ながら今も両方楽しんでおります。

来月前半の週末は泊りがけの用事も含めて既にふさがってしまいましたので、プヤの花が終わってしまわないうちということで27日に見学に伺う時間を取りました。
学芸員
2021年02月25日 18:41
川合さん27日ですね。時間など決まったら教えて下さい。ご一緒するようにします。

川合 慶一
2021年02月26日 10:28
ありがとうございます。明日は晴れ間が広がりそうですので青空に映える河津桜も楽しめそうです。早朝道路が混雑しないうちに出て開園からしばらくを目処に到着し、ワニたちのあとハイビスカスやシダ、熱帯スイレン、オオオニバス、ランほかとマナティー、インコたちの顔を見てから分園に向かおうと考えております。久々にお目にかかれることを楽しみにしております。

子供が学校が休みだからとフルーツパーラーの食事かデザート目当てについてくるかもしれません。
学芸員
2021年02月26日 17:00
川合さん。明日は私の休みの日に当たりますが、午前中は雑用とブログ書きで来ていますので、分園に着いたら声をかけて下さい。研究室にいます。