中庭の花木

球根類と歩調をあわせるように中庭の花木が咲き始めた。最初は香りの良いニオイトサミズキ(シナミズキ:Corylopsis sinensis)だ。売店での売れ残り苗を定植したのだが、やっと見られる大きさになった。マンサク科で中国原産。クロフネツツジの品種羽衣(Rhododendron schulippenbachii 'Hagoromo')も咲いて来た。秋に狂い咲きしていたが、その影響はなさそうだ。ツツジ科で朝鮮原産。DSCN3828.jpgDSCN3830.jpgDSCN3889.jpgDSCN3887.jpgその下ではモクセイの1種オスマンサス・バークウッディー(Osmanthus x burkwoodii)が白い花を着けている。モクセイ科でヨーロッパ原産。DSCN3893.jpgDSCN3890.jpg鳥舎の反対側、芝生の所ではススキノキ(Xanthorrhoea quadrangulata)が実生40年余で幹長80cmと大きくなったが、今だに開花の気配はない。オーストラリア原産でツルボラン科。この日は多肉の一角に我が家から持ち込んだユッカ・エンドリッヒアナ(Yucca endlichiana)を2株植え込んだ。尺鉢植えで、我が家で咲かせたかったのだが、ベランダに置いても一向にその気配がないので、地植えに期待したということだ。現地では葉が背丈程もあったと思うが、栽培下ではその半分程度にしかならない。キジカクシ科でメキシコ原産。DSCN3904.jpgDSCN3902.jpgDSCN3901.jpg鳥小屋に沿った土手ではクリスマスローズ(Helleborus orientalis)と斑入りのツルニチニチソウ(Vinca major)が満開だ。キンポウゲ科とキョウチクトウ科で共にヨーロッパ原産。その上ではビブルヌム・ティヌス(Viburnum tinus)がいつの間にか見頃になっている。スイカズラ科でヨーロッパ原産。DSCN3895.jpgDSCN3897.jpgDSCN3898.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント