オサ・プルクラ

昨日、日中の萎びた花の画像をアップしたが、改めて撮り直したので、今日のテーマはオサ(Osa pulchra)。オサの初開花は京都府立植物園で2014年4月のこと。当園の株はその京都からで、もう2度目の開花となる。京都はサボテンのコレクションで有名なカリフォルニアのハンチントン植物園から種子を導入したとのこと。中米原産でアカネ科。私もかつてヌッチオ氏に案内されて、開園前のこの植物園を訪れたことがある。自由に種を採っていいと言われて、驚喜して園内を走り回って採種しまくったものだ。ここはサボテンだけでなく、世界の珍しい植物をコレクションしてあり、1日で世界中の植物を堪能できる。ここで採集した種は、その後訪れたメキシコで荷物ごと盗まれてしまい、随分残念な思いをした。ハンチントンで撮影したフィルムまで盗まれてしまったたので、今では何の種を採集したかも思い出せない。中にブルーハイビスカスの種があった事だけは覚えている。DSCN0497.jpgDSCN0494.jpgDSCN0499.jpg次は中庭のクリナムで、最初は川越路可さんの作出した猿女の君(Crinum japonica hybrid 'Sarume-no-kimi')、日本のハマユウの交配種だが、凄く大柄に育つ。もう1つはミセス・ジェームス・ヘンドリー(C.Mrs.James Hendry)で良い香りの品種だ。今はハマオモトヨトウの被害が酷く、今日も70㍑のポリバケツ一杯、被害株を整理したが、幸いこの2種はまだ加害されていない。DSCN0514.jpgDSCN0513.jpgDSCN0518.jpgノリウツギの水無月(Hydrangea paniculata 'Minazuki')も花が育ち見事になって来た。満開までもう一息だ。ユキノシタ科で日本原産。DSCN0511.jpgDSCN0508.jpgブラジルヤシの下ではヘスペルアロエ・ノクトゥルナ(Hesperaloe nocturna)が咲いている。と言っても蕾だが、夕方空が暗くなってから撮ると絵になりやすいようだ。キジカクシ科でメキシコ原産。DSCN0519.jpgワニ池横では香りの良いクロツグヤシ(Arenga engleri)が咲いている。今日は雄花を撮ったので雌雄セットでお見せする。ヤシ科で日本原産。DSCN0523.jpgDSCN0531.jpgDSCN0528.jpg最後は相変わらず元気なウマノスズクサ(Aristolochia debilis)。ウマノスズクサ科で日本原産。DSCN0532.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント