花枯れの中で

梅雨が明けて、一気に暑くなったらサボテンの花も数える程になってしまった。今朝は珍しくアカントカリキウムの素敵な花が咲いたので、それから紹介する。アカントカリキウム・チオナンサム変種オーランティアクム(Acanthocalycium thionanthum var.aurantiacum)だ。この仲間早朝に撮らないと、昼までに萎びてしまうので、今までも随分がっかりさせられたことがある。アルゼンチン原産だ。DSCN0785.jpgDSCN0783.jpgDSCN0781.jpg次は鳥羽玉の類が元気なので、先ずは濃いピンクの花が素敵な赤花鳥羽玉(Lophophora williamsii)2枚、銀冠玉(L.fricii)が3枚、本来は小型種のコエレシアーナ(L.koehresiana)が2枚、そして最後が基本種の鳥羽玉だ。(L.williamsiiDSCN0755.jpgDSCN0757.jpgDSCN0760.jpgDSCN0758.jpgDSCN0766.jpgDSCN0765.jpgDSCN0762.jpgDSCN0750.jpg次は花付きの良いチュルビニカルプス・ディキソニアエ(Turbinicarpud dickisoniae)、白花大統領(Thelocactus bigolor)、本種に限ってはごく小さいうちから咲くし、自家受精して種もとれるという変わり物だ。巨象丸(Coryphantha andreae)は今年はやけに花付きが良く、もう7〜8輪咲いたかも知れない。最後は刺物で、フェロカクタス・アラモサヌス(Ferocactus alamosanus)と文殊丸(F.victoriensis)。前者はもう直径が25cmもあって丸いが、文殊は5号鉢で十分だ。以上全てメキシコ原産だ。DSCN0752.jpgDSCN0743.jpgDSCN0741.jpgDSCN0749.jpgDSCN0745.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント