中庭では

中庭ではハマオモトヨトウの猛威さらされながらもクリナムのエレン・ボサンケ(Crinum hybrid 'Ellen Bosanque')が奇麗に咲いている。比較的遅咲きで、花色の濃さは格別でとても美しい。斑入りのクリナム・ムーレイ(C.moorei)も満開だ。ハマオモトヨトウ対策で、毎日被害葉や幹を切り捨てているが、ヨトウムシも根性があって、なかなかいなくならない。ヒガンバナ科で南アフリカ原産。DSCN0960.jpgDSCN0958.jpgDSCN0955.jpgDSCN0954.jpgDSCN0951.jpg湯のタンク下の土手や、入口の駐車場の土手では今カノコユリ(Lilium speciosum)が見頃だ。30年も40年も昔、土手の上に数株植えたのが、年月とともに増え、今では分園中で咲いている。ユリ科で日本原産。DSCN0976.jpgDSCN0974.jpgDSCN0972.jpg次は純白花のリリウム・フィリピネンセ(L.philippinense)で、これはまだ1株しか咲いていない。以前芝生に植えた個体の実生が結構あって、タカサゴユリより早く咲いて、しかも濁りのない純白花なのでとても素敵だ。タカサゴユリ(L.formosanum)は邪魔だと遠慮なしに抜き捨てるが、これは勿体無くてそんなことは出来ない。フィリピン原産。DSCN0948.jpgDSCN0950.jpg園内ではベニバナシュクシャ(Hedychium coccineum)の自然実生も各所で咲いている。とても丈夫で雑草並みの丈夫さだ。ショウガ科で東南アジア原産。パパイヤ温室側の土手ではセイヨウニンジンボク(Vitex angus-castus)が咲いている。地味な花だが炎暑の季節に花を咲かせてくれるので助かる。ヨーロッパ原産でシソ科だ。DSCN0969.jpgDSCN0968.jpgDSCN0990.jpgDSCN0988.jpg最後はその近くで満開のノリウツギの水無月(Hydrangea paniculata f.grandiflora 'Minazuki')、昨夜来の雨でリフレッシュし、とてもいい感じだ。ユキノシタ科で日本原産。DSCN0985.jpgDSCN0984.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント