中庭では

中庭ではリコリス・スプレンゲリー(Lycoris sprengeri)が目立つようになって来た。先日、ここに被さっていたセイヨウダンチクを整理し、下草を片付けたことで、今後リコリスが満開になった時、とても見易いだろう。ヒガンバナ科で中国原産。カメ温室の横ではリリウム・フィリピネンシス(Lilium philippinensis)が咲き始めた。ここにはこぼれ種で生えた本種が群生しており、その1番花だ。これはユリ科でフィリピン原産。DSCN1261.jpgDSCN1258.jpgDSCN1257.jpgDSCN1271.jpgDSCN1272.jpgバナナ温室横ではタイから来たヒオウギ(Iris domestica)が咲いている。背がやたら高くてパッとしないが、毎年必ず咲いてくれる。アヤメ科。クリナムはハマオモトヨトウの食害が酷く、困ったことだが、ムーレイのピンク(Crinum moorei 'Pink')とエレンボサンケ(C.hybrid 'Ellen Bosanque')が奇麗に咲いていた。これらはヒガンバナ科で原種は南アフリカ原産。DSCN1265.jpgDSCN1267.jpgDSCN1275.jpgDSCN1268.jpg入口、ソテツの鉢植えには、先日牡丹のベッドに植え込んだブラジル、サンタカタリーナから来たハブランサス(Habranthus sp.)の見残しが咲いていた。まだ10球位残っていたようだ。ヒガンバナ科。香料温室では、斑入りのヘディキウム、ドクター・モイ(Hedychium hybrid 'Dr.Moi')の花が咲いていた。ヘディキウムもこれからが本格的な花期で、楽しみだ。これはショウガ科。DSCN1241.jpgDSCN1238.jpgDSCN1255.jpg最後は見事な新葉を展開しているサイカス・デーバオエンシス。1枚の葉の長さが2m以上で8枚が奇麗に展開して素晴らしい美しさだ。中国原産でソテツ科。DSCN1277.jpgDSCN1278.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント