水生アマリリスが満開

ここ数日の好天で園の水生アマリリスが見頃を迎えた。ハリソニー(Hippeastrum harrisonii)とハリソニーXアングスティフォリウム(H.harrisonii x H.angustifolium)で、赤いのはアングスティフォリウムの血だ。意図して作った雑種ではないが、とても良い感じの交配種で、私はとても気に入っている。バックに置いてあるワッヘンドルフィア・シルシフローラ(Wachendorfia thyrthiflora)も見頃で、とても良い色バランスになっている。後半の赤いアマリリスは私の作ったハリソニーとドラニアエ系交配種のピンク(H.doraniae hybrid)を交配したもので、3株咲いたが、3つとも同じような色合いだ。最初に咲いた株に私はワイン・ドリーム(H.hybrid 'Wine Dream')と命名したが、アマリリスにワイン色は珍しいと思う。勿論、このワイン色はハリソニーの紅色の筋に由来するもので、新しい色合いの品種作りに有用だろう。勿論、これらは小型のテッポウユリタイプの品種群として、今後伸びて行くだろう。因みにハリソニーはウルグアイ原産、アングスティフォリウムはパラグアイ原産だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

"水生アマリリスが満開" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント