クリナム咲く

雨が上がり、気が付いたら分園の中庭でクリナムが満開だ。最初のピンクはクリナム・ポウェリーのピンク(Crinum x powellii 'Pink')。次はポウェリーの白(C.x powelii 'Album')。この白、頭上にソテツの葉が被さっていて、全然開花に気付かなかった。DSCN5195.jpgDSCN5197.jpgDSCN5218.jpgDSCN5216.jpg次は満開のムーレイ(C.moorei)。最後はブルビスペルマムの白(C.bulbispermum 'White')で来た株だが、いくらかムーレイの血が入っている気がする。純粋のブルビスペルマムではなかろう。ヒガンバナ科で南アフリカ原産。DSCN5213.jpgDSCN5211.jpgDSCN5209.jpgDSCN5208.jpgその近所ではアルブカ・ネルソニー(Albuca nelsonii)が咲いている。丈夫な球根植物で、植え付けて20年経っても元気にしている。これはキジカクシ科で同じく南アフリカ原産。ゾウガメ温室の横ではメキシコ原産、ダシリリオン・レイオフィルム(Dasylirion leiophyllum)に花が出て、一気に伸び始めた。去年に続き2年続きの開花だが、分頭してそれだけ株数が殖えたということだ。1977年の実生だから43年目だ。これもキジカクシ科。DSCN5219.jpgDSCN5221.jpgDSCN5223.jpg

"クリナム咲く" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント