クリナムなどが咲き始める

中庭でクリナム・ポウェリー(Crinum x powellii)のピンクと白が咲き始めた。これらが咲き始めると本格的なクリナムのシーズンが到来だ。以前より咲いているクリナム・ムーレイ(C.moorei)も満開。温室ではごく小型のクリナム・ベノーサム(C.venosum)も咲いている。ヒガンバナ科でムーレイは南アフリカ、ベノーサムはオーストラリア原産だ。DSCN9294.jpgDSCN9293.jpgDSCN9301.jpgDSCN9304.jpgDSCN9289.jpgまた珍しい球根のアルブカ・ネルソニー(Albuca nelsonii)も鳥舎の周囲で咲いている。アップで見るととても奇麗な花だ。キジカクシ科で南アフリカ原産。DSCN9309.jpgDSCN9310.jpgDSCN9307.jpg八重のカシワバアジサイ・スノーフレーク(Hydrangea quercifolia 'Snowflake')も見事に咲いていて本当に素晴らしい。チョウチョの好きなブッドレア(Buddleja davidii)も咲き始めた。これは兎に角生育旺盛でたちまち1mも伸びるので、風害対策が必須。中国原産でゴマノハグサ科。DSCN9321.jpgDSCN9318.jpgDSCN9317.jpgDSCN9299.jpgDSCN9303.jpgDSCN9297.jpg香料温室の横ではヒメハギ科のセクリダカ(Securidaca sp.)が見頃になって来た。これはメキシコ原産。その横ではサルビアのファリナセア(Salvia farinacea)も花が上がってきた。シソ科でメキシコ原産。DSCN9314.jpgDSCN9312.jpgDSCN9351.jpg中庭、ブラジルヤシの下ではヘスペルアロエ・ノクトゥルナ(Hesperaloe nocturna)が咲いている。夜咲きなので昼間は閉じているが、毎年1〜2本は咲く。キジカクシ科でメキシコ原産。同じくノボタンのコート・ダジュール(Tibouchina urvilleana 'Cote d'Azur)も咲いてきた。ノボタンは秋のイメージだが、本種は今の時期からずっと咲き続けて、驚く程多花性だ。ノボタン科でブラジル原産。DSCN9359.jpgDSCN9357.jpgDSCN9354.jpgDSCN9353.jpg

"クリナムなどが咲き始める" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント