中庭のクリナムが満開

中庭でクリナム各種が咲いている、最初はゾウガメ温室の横に植えたミセス・ジェームス・ヘンドリー(Crinum hybrid 'Mrs.James Hedry')、非常に香りの良い品種で花上がりも良い。DSCN9837.jpgDSCN9839.jpg次はポウェリーのピンク(C. x powellii)と白(C.x powellii 'Album')。ピンクには2タイプあって、花弁がクシャクシャなのが古くからあるタイプで面白味に欠ける。整形タイプの花は、名無しで来たのだが、別クローンのポウェリーと見て間違いないだろう。ポウェリーの白はやたら旺盛で群生しやすい。DSCN9498.jpgDSCN9895.jpgDSCN9899.jpgDSCN9902.jpgDSCN9906.jpgDSCN9907.jpgクリナム・ムーレー(C.moorei)も相変わらず良く咲いている。ヒガンバナ科で南アフリカ原産。その近くでは斑入りのカンナ (Canna cv.)も今が見頃だ。カンナ科で中南米原産。DSCN9909.jpgDSCN9914.jpgDSCN9912.jpg香料温室側ではヒメハギ科、多分メキシコ原産のセクリダカ(Securidaca sp.)が満開、花自体が珍しいニューサイラン(Phormium tenax)もまだ咲いている。オレンジ色の筒状花が終わるとトウガラシ状の果実になる。ニュージーランド原産でツルボラン科。DSCN9848.jpgDSCN9846.jpgDSCN9842.jpgDSCN9843.jpgまた我が家と同様にアヤメ科のクロコスミア・ルシファー(Crocosmia 'Lucifer')が見頃だ。南アフリカ原産。そして最後は季節外れに咲いている皇帝ダリアの八重品種ダブル・オア・ナシング(Dahlia imperialis 'Double or Nothing')。キク科でメキシコ原産。DSCN9852.jpgDSCN9849.jpgDSCN9853.jpg

"中庭のクリナムが満開" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント