シャクナゲモドキの春

我が家のベランダ横に植えたシャクナゲモドキ(Rhodoleia championii)が咲き始めた。ここの所暖かい陽気が続いているので、一気に蕾が膨らんだようだ。昨年伸び過ぎた枝を派手に剪定し2/3程度にしたので、今年の開花は少ないのではと危惧していたが、例年同様ビッシリと蕾が着いて心配無用だったようだ。この花が満開になるとミツバチが飛…
コメント:0

続きを読むread more

アロエなど

分園入口、ワシントニアの下に植えてあるアロエ・フェロックス(Aloe ferox)の花序が緋色に輝き、とても奇麗だ。この大きさになったから花もすぐに咲いて来るかと思ったが、この1ヶ月殆ど変化がない。あっけなく終わるよりいいが、随分と気を持たせてくれる。私は先日まで本種の和名を鬼切丸と思っていて、鬼滅の刃にかこつけて良い宣伝になると喜んで…
コメント:0

続きを読むread more

小型種、大型種

早春の花、マミの小型種マミラリア・サンチェス・メホラダエ(Mammillaria sanchez-mejoradae)が咲いてきた。花着きが良くて花期も長く、お勧め品種だ。もう一つが今回初めて咲いたアンシストロカクタス・ピンカバヌス(Ancistrocactus pinkavanus)。キリンウチワに接いでも生育が悪く、花が咲くなど期待…
コメント:0

続きを読むread more

カンザクラからシャクナゲモドキへ

今年は暮れから賑やかに咲き始めていた分園第2駐車場のカンザクラ(Prunus kanzakura)が、いよいよ満開になり青空を背景に見事な咲き振りだ。ただコロナ禍でお客様は数える程で残念な事。今年は河津で桜祭りも中止と決定し、各方面から残念の声が聞こえるが、例え開催しても結果は目に見えており、賢明な判断なのかなと思う。園ではカンザクラと…
コメント:0

続きを読むread more

白い多肉が見頃 Part2

昨日は原種を紹介したが今日は交配種、その他を紹介する。最初はエケベリア・ラウーイとリンゼイの交配種ラウリンゼ(Echeveria x lau-lindsayi)だ。ラウーイより大型になり丈夫だが、ラウーイほど白くはならないで、少し緑味が残る。次はパキベリア・ベルブルー(x Pachyveria 'Belle Blue')。パキフィツム・…
コメント:0

続きを読むread more

白い多肉が見頃

研究室窓辺の白い多肉、正月が明けてますます元気。ダドレアには幾つか花も上がってきた。最初は白い多肉の代表エケベリア・ラウーイ(Echeveria laui)2株、そして仙女盃(Dudleya brittonii)の親子2株。どれも真っ白で素敵だ。次は花が咲き始めたダドレヤ・ヌビゲナの広葉タイプ(Dudleya nubigena)。ついで…
コメント:0

続きを読むread more

真珠と日の出丸

このブログでは写真1、2枚目メキシコ・オアハカ州産のフェロをずっと日の出丸(Ferocactus latispinus)として紹介してきた。この株は当時同行した平尾博氏の実生苗で、氏は現地で、このタイプの日の出丸を以前は日の真と呼んだものですとコメントした。刺や花は日の出丸で、背が高くなるのは真珠に似ているということ。また日の出にあるヒ…
コメント:0

続きを読むread more

アンドロシンビウム咲く

春咲き球根の中でも特にユニークなアンドロシンビウム・カペンセ(Androcymbium capense)が咲いて来た。本種は煖房したリビングに持ち込むと一気に咲いてきて見違える程豪華になる。最初の3枚が3日前に部屋に持ち込んだ株、4枚目はベランダにそのまま置いた株で、その差は明白だ。本種は南アフリカ原産イヌサフラン科の球根植物で、1つの…
コメント:0

続きを読むread more

あれこれ

この時期、花が少なくてテーマに苦労する。今日は香料温室のアマゾンユリ(Eucharis grandiflora)から。花茎が増えて段々賑やかになって来た。南米原産でヒガンバナ科。その横では珍しいショウガのアフラモマム・アングスティフォリウム(Aframomum angustifolium)でマダガスカル原産。ショウガの類が寒中に咲くなん…
コメント:0

続きを読むread more

キリカズラはまだ元気

分園石垣から種が飛んで道路の法面の石垣に根付いたキリカズラ(Asarina erubescens)、相変わらず満開状態で寒さなんて何のその。丈夫なものだ。多分面積は100㎡近いと思うが、−1℃、−2℃の陽気が続いても大丈夫なのだから頼もしい。ただこれに気付いてその消長を楽しむ人間は、私を含めてワニ園の数人のみだろうが、かといってマスコミ…
コメント:0

続きを読むread more

金鯱にこだわる

私は22歳の時、メキシコ滞在中に散々苦労して金鯱(Echinocactus grusonii)の自生地を訪ねた思い出がある。だから私の中で金鯱は特別の存在で、我が家でも大小17株位育てている。その中には、結婚記念に播いた株、娘の誕生記念に播いた株など、思い出に繋がる株も多い。ワニ園、分園売店前の温室は元々植物売店で、昭和47年開園当時か…
コメント:0

続きを読むread more

白いティランジアなど

空振りの正月も過ぎ、外仕事も大体片づいたので、一昨日からティランジアの手入れと植え替えを始めた。昨年は猛暑や遅くまでの暑さ続きで、水苔植えのティランジアの傷みが酷く、片っ端から植え替える結果に。ブロメリアや孔雀サボテンなどは、普段ランの植え替えで出た古い水苔を使うのだが、今回は衰弱した株が多いので、新しい水苔を使っている。新鮮な水苔は扱…
コメント:0

続きを読むread more

ベゴニアがいいね!

我が家のリビングでプラケースに入れて栽培しているベゴニア・プリスマトカルパ(Begonia prismatocarpa)が満開で見頃だ。右側のケースで花着き株をいただいて2年、ケースが2つになり、ボリュームは5倍位になったと思う。栽培と言っても、ただ棚の上に置いてあるだけで、時折の水の補給、夏に一度マグアンプをやっただけで、これだけ咲い…
コメント:0

続きを読むread more

ロウバイがいいね!

私はソシンロウバイ(Chimonanthus praecox form.concolor)が好きで、我が家に2本植えてあるが、それが見頃を迎えた。ロウバイはバラと同様に、新しいシュートが伸びては、古い幹と置き換わるので、仕立て直しの容易な植物だ。その代わり接ぎ木苗だと、いつの間にか台芽が伸びて置き換わってしまうこともあり要注意。マンサク…
コメント:0

続きを読むread more

楽しみだね!

分園入口でプヤ・チレンシス(Puya chilensis)の花序が膨らんで来た。考えてみたら、穂状花序ならすぐ咲いてくるだろうが、チレンシスの場合、花序が枝分かれした総状になるので、これから開花までは、まだ1〜2ヶ月かかるのかも知れない。随分待ち遠しい話だが、これまで実生から30年待った事を考えれば、1ヶ月なんてすぐだ。パイナップル科で…
コメント:0

続きを読むread more

マミラリアがいいね

正月過ぎて、温室はマミラリアの花が多くなってきて、可愛らしくていいね。カルメナエ(Mammillaria carmenae)は基本種の黄刺、やや赤味のさす刺のタイプ、そして雑種っぽいがピンク花のタイプ。フワフワの刺が素敵な白星(M.plumosa)も2タイプあり、ピンボケだが、最初が在来タイプ、後者は仏頭タイプで1頭1頭が丸く大きく成る…
コメント:0

続きを読むread more

カランコエ登場

毎年定番のカランコエの吊り鉢が登場した。マダガスカル原産カランコエ・マンギニーの園芸品種2種で、ハンギングタイプのサンライズ(Kalanchoe manginii 'Sun Rise')とスタンドタイプのミラベラ(K.manginii 'Mirabella')だ。毎年のこととは言え、ローテーションを守り、確実に苗作りをして飾り付けをして…
コメント:0

続きを読むread more

パラモンガイアについて

画像のパラモンガイア(Paramongaia weberbauerii)、花の長さが23cmで直径が15cm。草丈が70cm位。ちょっと花弁の展開の悪いのが不満だが、当園で一番花着きの良い系統だ。実はこの球根、派手にウイルスで汚染されていて、葉のモザイク模様を画像で紹介したかったのだが、写真ではわからないようだ。でもこの球根は今年まで6…
コメント:0

続きを読むread more

刺物 Part4

我が家の刺物の続き。最初はキリン降ろしの太平丸(Echinocactus horizonthalonius)2株。最初の株は直径15cmを越えており見事なボリュームだ。次は赤鳳のピローサス(Ferocactus pilosus)と基本種(F.stainesii)。ピローサスの方が白毛があって、観賞上は美しい。基本種は我が家の2代目だ。次…
コメント:0

続きを読むread more

カエンカズラが開花

暮れのうちから色付いていたカエンカズラ(Pyrostegia ignea)、正月明けには早くも満開状態だ。今年は、例年の通路沿いだけではなく、温室の間仕切り沿いの、2個所で咲いており、前者まだ少ないが、この間仕切り沿いはちょうど満開だ。本種の開花は剪定時期の関係か、年々早まるようで10余年前は1月末から2月にかけての報道公開が定番だった…
コメント:0

続きを読むread more