カトプシスなど

分園1号温室ティランジアコーナーでカトプシス・ベルテロニアーナ(Catopsis berteroniana)が咲いている。本種はメキシコから南米のギアナ高地まで広範囲に分布するパイナップル科の植物で、食虫植物としても認められている。当園の株はメキシコのラウーさんが30年も前にティランジア・ルシダ(Tillandsia lucida)とし…
コメント:0

続きを読むread more

ロードフィアラが満開

今朝、ベランダではロードフィアラ・ビフィダ(Rhodophiala bifida)が満開になっていた。朝日の中、とても良い色合いで素敵だ。同じヒガンバナ科でもチリ原産の本種はヒガンバナとは違う趣があっていいものだ。リビングではイスメネ・アマンカエス(Ismene amancaes)の2輪目が咲いていた。ペルーアンデス原産でヒガンバナ科。…
コメント:0

続きを読むread more

花盛りです

我が家のリビングでは中国秋蘭(Cymbidium ensifolium)が2本目の花を着けた。良く見たら3本目も出ており、花付きの悪い本種がこんなに咲くのは初めてだ。ベランダではスイレン(Nymphaea cvs.)が揃い踏み。5株が同時に咲いている。温室では紅花象牙丸(Coryphantha elephantidens)、白刺象牙丸な…
コメント:0

続きを読むread more

球根の秋始まる

我が家で秋咲き球根類が咲き始めた。最初はヒガンバナに似たロードフィアラ・ビフィダ(Rhodophiala bifida)5鉢程あるので、これから次々と咲いて来るだろう。今朝はイスメネ・アマンカエス(Ismene amancaes)が1輪咲いた。芽が出たのも気付かなかったが、こういう時の方が球根類は快調だ。早めに植え替えて開花を心待ちにし…
コメント:0

続きを読むread more

遅れて来た夏

球根ベゴニアが早めに終わってしまった今シーズン、跡地に飾るべく育苗していたイワタバコ類が、ようやく花を着け始めた。本来なら夏休みに飾れる植物なのだが、育苗を急いだのに、総じて生育が遅れてしまい、我ながら不本意だ。画像はユーコドニア・アデル(Eucodonia 'Adele')、グロキシニア・アリオン(Gloxinia 'Allion')…
コメント:0

続きを読むread more

本園は大変です

台風以来、復旧作業に追われ、分園の私は本園の被害状況を見に行く余裕もなかったが、今朝出勤前に本園に寄って、崩れた駐車場上の山の様子を見て来た。とにかく桁違いの崩れ方で、どこから手を付けてよいのやらというのが本音だ。画像では分かりにくいが、この山で一番大きかった楠が根こそぎ倒され、それがバス駐車場の一角に逆立ちするように倒れ込んでいるのだ…
コメント:0

続きを読むread more

カロステマなど

昨日、我が家の温室ではオーストラリア原産,ヒガンバナ科の珍球根カロステマ・プルプレウム(Calostemma purpureum)が咲いていた。今年は調子が悪いな,葉も消えちゃったな、なんて思っていたら突然の開花だ。植物体、球根の大きさの割に根が深く入る植物で、さすが乾燥地の植物だ。せいぜいゼフィランサス程度の小型種だが、特徴があって面…
コメント:0

続きを読むread more

我が家の台風被害

我が家は道路から60段も階段を降りた低い所にあり、いい加減な台風では殆ど被害が出ない恵まれた環境だ。ただ今回は違った。夜間家が揺れるような強風に見舞われ、流石に表が心配になったが、朝までは何も出来なかった。結果的にはガーデニア・ツンベルギア(Gardenia thunbergia)の大株が空き地側に傾き、ロスマニア・カペンシス(Roth…
コメント:5

続きを読むread more

象牙丸など

私は夏のサボテンでは象牙丸(Coryphantha elephantidens)が好きだ。花は大きくて奇麗だし、沢山咲くし、夏場の生育は旺盛だし申し分ない。特に紅花象牙丸の濃いピンクの花は本当に艶やかだ。今回、色の淡い花は、刺目的の白刺象牙丸だ。ピンクの小輪はマミラリアの蓬莱宮(Mammillaria schumannii)でかりふぉる…
コメント:0

続きを読むread more

ソテツの花など

昨晩、伊豆は台風に直撃され、朝一で我が家を出れば近在の家々は屋根瓦が浮いてしまって、みなが屋根を見上げていた。道路は折れた枝が吹きだまりとなって、このゴミどうするんだろうかと心配しながらの出社。分園に上る坂道は案の定折れた枝の山。ゴミをよけながら上ってゲートを開け、園内を1周。それだけでガラスの破損が何ヵ所もみつかり、仕事の段取りを考え…
コメント:1

続きを読むread more

ヘディキウムなど

売店前の温室で珍しいヘディキウムが咲いた。筑波実験植物園から寄贈された種が、唯一上手く育って開花したもので、ヘディキウム・ゴメシアナム(Hedychium gomezianum)だ。この春、1株は香料温室に植えたので、そちらも間もなく咲いて来るだろう。弁の細い繊細な花で、豪華さはないが、飾りとしては良いものだ。分園事務所前ではジンジャー…
コメント:2

続きを読むread more

ブルンスビギアの開花Part3

最初は今朝のベランダ風景、ブルンスビギア、アンモカリスの背景にスイレンが咲いていてとてもカラフルだ。スイレンの紫はタンザナイト(Nymphaea hybrid'Tanzanite')、バラ色はブルズアイ(N.hybrid 'Bull's Eye')だ。ブルンスビギア・マルギナータ(Brunsvigia marginata)はもう終わり花…
コメント:0

続きを読むread more

ブルンスビギアの開花Part2

我が家のブルンスビギア・マルギナータ(Brunsvigia marginata)が満開になった。兎に角緋色が鮮明で実に目を引く存在だ。2009年の実生だから10年かかったことになる。兄弟は5〜6株あるが、今年はこれだけみたいだ。続いて(ストリアータxマルギナータ)xエランズモンタナ(B.striata x marginata)x era…
コメント:3

続きを読むread more

ブルンスビギア咲く

我が家でブルンスビギアが咲き始めた。一番咲かせ易いマルギナータ(Brunsvigia marginata)で、緋色の花は素晴らしいが、もう少し大きく咲いてくれればいいのに、球根の割には物足りない。せめてヒガンバナ並みの大きさに咲いてくれたらさぞ見事だろう。もう1つ、アンモカリス・ティネアナ(Ammocharis tinneana)も突然…
コメント:0

続きを読むread more

バナナが絶好調

昨年の1月、分園の源泉が駄目になり、分園の煖房は危機的な状況に陥った。本園から上げる源泉の湯だけが頼りで、本当に最低限の煖房しかできなかった。その結果、最も煖房を必要とするバナナは温度不足のダメージがひどく、その後、もとの勢いを取り戻すまでに1年以上もかかってしまった。そして1年半を過ぎたこの夏、ようやく全ての株が元気になり、温室が青々…
コメント:0

続きを読むread more

ポートランディアなど

売店前の小温室でアカネ科の小花木ポートランディア(Portlandia platantha)が今年3回目の開花を迎えた。白い大きな星形の花で、清潔感がありとても奇麗だ。ただ前にも書いたが,本種の生育の遅さは半端ではなく、2015年の8月導入時、草丈が30cmだったのだが、丸4年後の今でもせいぜい40cm位だろう。1年で葉っぱ1対分しか育…
コメント:0

続きを読むread more

ベッセラなど

我が家のベランダでメキシコの小型球根植物、ベッセラ・エレガンス(Bessera elegans)が満開になった。本種の葉は細くて針金状なので折れやすく、鉢の移動をしないように最初から決めた場所に置き動かさないようにしている。高温が好きみたいで、温室を作った当初は現地の風景を再現して金鯱の根本に植えたりしたが、その時球根が猛烈に殖えたので…
コメント:0

続きを読むread more

バウヒニア開花

白花の小型バウヒニア・フォルフィカータ亜種プルイノーサ(Bauhinia forficata ssp.pruinosa)がようやく本格的な開花期になったようだ。昨日紹介したサルスベリも花が遅れていたが、本種も同様で、9月になってようやくまとまって咲くようになってきた。本種は友の会客員のSさんの勧めもあって、昔から大事にして殖やしてきたの…
コメント:2

続きを読むread more

ガーデニア・エリスリナ、サルスベリなど

我が家のガーデニア・ツンベルギア(Gardenia thunbergia)がこの夏2回目の満開を迎えた。昨日は大雨でまともに写真が撮れなかったが、今朝は大丈夫だった。しかい一体どれだけ咲けば気が済むのかというくらい良く咲いている。このガーデニア、面白いことに切り花にすると花が1日で落ちてしまうのに気が付いた。蕾もポロポロ落ちてしまい、2…
コメント:0

続きを読むread more

ヘディキウム、リコリスなど

分園のヒノキの山に植わっている黄花シュクシャ(Hedychium gardnerianum)が満開だ。こぼれ種から育った株だと思うが、見事な咲き具合だ。ヘディキウムではこの黄花が一番豪華で目を引く存在で、私も大好きだ。温室にも植わっているが、1、2本咲いているより、このように10株が群開している方が見事だ。ショウガ科でヒマラヤ原産。中庭…
コメント:2

続きを読むread more